ニューストップに戻る

news

ソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」が情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格認証を取得

企業の品質管理と開発スピードの両輪を推し進めるAutify、強固なプロダクトのため情報セキュリティ体制を強化

Webアプリケーション、ネイティブアプリケーションのE2Eテストを自動化プラットフォーム「Autify」の運営を行う、オーティファイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:近澤 良、以下「Autify」)は、この度、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の第三者認証基準である国際規格「ISO/IEC 27001:2013」および国内規格「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」(※)の認証を2020年10月9日付で取得したことをお知らせいたします。

ISMS取得の背景

オーティファイ株式会社が開発・提供する「Autify」は2019年10月にグローバルでサービスの提供を開始し、Webサービスを開発、提供する300以上の組織に導入いただいています。 「更新のたびに、終わりの見えないデグレ検証に長時間費やしてきた」「コードが書けないから自動化を諦めていた」など、ソフトウェア市場の成長を支えるアジャイル開発のテストフェーズにおける、さまざまな課題をAutifyが解決してきた実績があります(導入事例はこちら: https://autify.com/ja/why-autify)。

サービスを開始して以来、 様々な業種・業態・規模の企業に導入され、ソフトウェアテストを実行するうちの75%が人手で実施しているとされる市場に対し、ノーコードソフトウェアを提供することで、自動化の実現と、開発スピードの向上のサイクルに貢献してまいりました。

Autifyの導入数の急増に伴い、情報セキュリティ管理体制に対するニーズの高まりから、今回の認証取得にいたりました。今後も「Autify」をさらに安心してご利用いただけるよう、情報セキュリティポリシーに基づき、情報セキュリティ管理体制の強化と改善に努めてまいります。

登録事業者:オーティファイ株式会社
適用規格 :ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
登録日  :2020年10月9日
登録番号 :JQA-IM1724
登録範囲 :ソフトウェアの開発・販売および運用保守
認証機関(認定番号) :一般財団法人 日本品質保証機構 マネジメントシステム部 (ISR001)
詳細情報 : https://isms.jp/lst/ind/CR_JQA-IM1724.html

※ISMS(Information Security Management System)とは、情報セキュリティ管理体制が国際認証規格である『ISO 27001』に即していることを第三者機関により認定する制度です。

ソフトウェアテスト 自動化プラットフォーム「Autify」について

「Autify」は誰にでも簡単に、プログラムコードを書くことなく、ウェブアプリケーションの検証作業を自動化することができます。WEBアプリケーションのリリースサイクルは、企業の強みに直結しています。このリリースサイクルの高速化を阻む品質管理との両立を解決します。従来のソフトウェアテストの自動化を阻んでいた、人手不足・メンテナンスコストの高さ・技術的難易度に対し、ノーコード・AI・カスタマーサクセスの3つのアプローチで解決し、これらの業務でかかっていたコストを削減します。

会社概要

会社名:オーティファイ株式会社 (日本支社)
所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
代表者名:近澤 良
設 立: 2017年2月3日
事業内容:ソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」の開発・販売
ウェブサイト: https://autify.com/ja

本件に関するお問い合わせ先

広報窓口 担当: 梅澤・永淵
Email:press@autify.com

Autifyのデモをご希望ですか。
こちらのフォームよりご連絡ください。

デモを申し込む
company illustration