for Mobile

アプリ操作を記録するだけで

テストがノーコード誰にでも簡単に作れます👍

Autify for Mobileからアプリを操作するだけで、誰にでも簡単にテストが作成・実行できます。テストのためだけにいくつもの端末実機を用意する必要もありません。
  • 01_kyash
  • 02_godine
  • 03_sansan
  • 04_nearme
  • 05_tapple
  • 06_housemart

ソフトウェアテスト自動化プラットフォームの Autify for Mobileでネイティブアプリのテストをスケールさせましょう

手動テスト、自動テスト作成、またそのメンテナンスに時間を費やす必要が無くなります
  • ノーコードと簡単な操作でスムーズにテスト作成💡

    ユーザーが操作するかのようにアプリケーションを操作すれば一連の内容がそのままテストシナリオに。誰にでも、すぐにテストを作り始めることができるのでテスト自動化を高速に、スケールできます。

  • 実機もエミュレーターも一度に実行、テスト頻度とカバレッジを最大化📈

    作成したテストシナリオをAutifyが用意する端末環境を使って同時に検証できます。実機端末を複数用意したり、端末ごとにシナリオを用意する必要がないのでテスト頻度とカバレッジを最大化できます

  • 変更点の多いUIも、Autify独自のMLがメンテナンスをサポート🤖

    Autifyがネイティブアプリケーションならではの変更頻度の多いUIの変化を検知し、テストシナリオをアップデートします。変更点が意図したものか確認する労力を大幅に削減します

Autify for Mobileの機能

ビジュアルリグレッションで変更点を自動検知
ビジュアルリグレッション
開発スピードの高速化により変更頻度の高くなった見た目の変更点も自動的に検知できます。目視チェックから卒業し、メンテナンスレスにテストを運用できます
端末操作に対応したテスト
端末操作
端末をふる「シェイク」や、アプリをバックグラウンドに移動させたりフォアグラウンドに移動させる「サスペンド/レジューム」という操作も可能です
APIと連携したテストシナリオ
API実行
シナリオのステップとしてAPIを実行できます。APIを使うことで、アプリの状態が他のアプリに依存している場合でも柔軟に対象の状態を変更することができます
APIと連携したテストシナリオ
マルチデバイステスト
実機端末の管理や保守、デバイスファームの管理といったわずらわしさを解消します
APIと連携したテストシナリオ
並列実行
複数のテストを一斉に実行することができます。利用ケースに合わせて、この並列数も柔軟にカスタマイズ可能です
シームレスな外部サービスやCICDと連携
サービス連携
普段お使いのツールと連携し、シームレスな導入が可能です。Bitrise, CircleCI, GitHub Actions, Webhook, Slack
環境変数による動的なシナリオ作成
環境変数
環境変数を渡してシナリオ作成・実行をすることができます。例えば環境変数を使うことでログイン状態に事前にしておくことができます
位置情報指定のテスト
ロケーション
位置情報を特定の場所に変更することができます。地図を用いたアプリなどもテストをすることができます
最新バージョンのXcodeに対応したテストが可能
新しいXcodeでのテスト
新しいXcodeのバージョンでアプリが正しく動作するかどうか、事前にテストすることができます
株式会社Kyash

ソフトウェアエンジニア

小西 裕介さん

Kyashでは2020年にQAチームを立ち上げ、手動テストをリリースごとに実施してきました。概ねうまく進んでいたものの、リリースを重ねるにつれてリグレッションテストに時間がかかるようになりました。そこで、人を増やす方法以外のQAのスケール体制を目指し、Autify for Mobileを導入を決めました。いま本稼働にむけて準備している段階ですが、開発経験のないメンバーでも運用可能な自動テストの体制をAutifyと共に作っていきたいと考えています。

モバイルアプリのテスト自動化は目の前です

今すぐデモセッションを申し込んではじめましょう

申し込みの完了をもって、弊社のプライバシーポリシーに同意し、マーケティングメールの送信等、Autifyからの連絡を受領することを許可したこととみなします、ご了承ください。

デモを希望するプロダクトを選択
check-mark-active
web-icon
for Web
check-mark-active
mobile-icon
for Mobile