ニューストップに戻る

news

SMN株式会社、ソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」導入40時間がゼロに。ノーコードのAutifyで「デグレのループ」脱出に成功。

SMN株式会社 テスト自動化にAutifyを導入

オーティファイ株式会社は、SMN株式会社(以下、「SMN」)において、ウェブアプリケーションのE2Eテストを自動化するためのプラットフォーム「Autify」が導入されたことをお知らせします。

人手に頼っていた品質管理の一部をAutifyで自動化することで、これまで40時間かかっていたデグレードチェックの工数をゼロに。かかるリソースを新機能の開発やそのテストに集中することで、開発スピードの向上に寄与しました。

また、「目の前で動くテストケース」があることで、新しく入社した社員に対して行なっていた、テストケースの作成やテスト観点に関する教育コストの削減にも繋がっています。

SMNにおいて特に活用されたAutifyの機能はこれらです。

  • ✔︎ リモートワークでも利用可能な、クロスブラウザテストの実行
  • ✔︎ Autifyクラウド環境における並列実行による高速な複数テストの実行
  • ✔︎ テストプランによる毎日のリグレッションテスト実行

詳細はこちらでご参照いただけます。
https://autify.com/ja/stories/smn

SMN株式会社 執行役員 安田 崇浩 氏よりコメントをいただいています。

デグレの解消は本当にインパクトが大きいです。

私たちが提供する「Logicad」は、広告用のバナー画像を入稿して、それを広告として配信します。広告のクリエイティブもレポーティングの機能なども常に増加していくため、それに付随してテストにかかる時間も倍々以上の量で増えていくのです。それを解消し、それにあたっていた時間は他の業務に充てることができる。その時間を充てるにあたって重要になる「圧倒的な安心感」もあります。

今、複雑なシステムに対して機能維持のために毎日コツコツと対応している方こそ使ってみてほしいプラットフォームだと感じています。

ソフトウェアテスト 自動化プラットフォーム「Autify」について

「Autify」は誰にでも簡単に、プログラムコードを書くことなく、ウェブアプリケーションの検証作業を自動化することができます。WEBアプリケーションのリリースサイクルは、企業の強みに直結しています。このリリースサイクルの高速化を阻む品質管理との両立を解決します。従来のソフトウェアテストの自動化を阻んでいた、人手不足・メンテナンスコストの高さ・技術的難易度に対し、ノーコード・AI・カスタマーサクセスの3つのアプローチで解決し、これらの業務でかかっていたコストを削減します。

会社概要

会社名:オーティファイ株式会社 (日本支社)
所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
代表者名:近澤 良
設 立: 2017年2月3日
事業内容:ソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」の開発・販売
ウェブサイト: https://autify.com/ja

本件に関するお問い合わせ先

広報窓口
Email:press@autify.com

Autifyのデモをご希望ですか。
こちらのフォームよりご連絡ください。

デモを申し込む
company illustration