ニューストップに戻る

news

Autify、マネーフォワードケッサイ株式会社のE2Eテスト自動化サポートを開始

株式会社マネーフォワードルグループのマネーフォワードケッサイ株式会社がAutifyを導入 (マネーフォワードケッサイ株式会社 取締役CTO 篠原 祐貴氏)
写真提供: マネーフォワードケッサイ株式会社

「誰もがテストが書ける世界を実現したい」というAutifyのビジョンに共感し、採用を決めたマネーフォワードケッサイ。

オーティファイ株式会社は、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供する企業間後払い決済サービス『マネーフォワード ケッサイ』において、品質保証のためのサービス提供を開始しました。

マネーフォワード ケッサイは、取引先企業の与信審査から請求書発行、代金回収等の請求に関する一連の業務を一括して代行する企業間後払い決済サービスです。

同サービスの開発において、デプロイ後に不具合がないか、最低限の動作確認を行うにとどまり、リリース前のE2Eテストにまで手が回らないことが課題でした。また、開発サイクルを早めるうえで、同じことを繰り返すテストやメンテナンスにかかる作業が、生産性を下げる要因にもなっていると感じていたといいます。

そこでE2Eテスト自動化プラットフォーム『Autify』を導入。Autifyはプログラムコードを書く必要もなく、エンジニア以外でもテスト自動化が可能です。Autifyを導入することで、定期的にテストを回す仕組みが整い、細かなエラーでも社内で早めに検知し対応できるようになったといいます。

マネーフォワードケッサイ株式会社が活用したAutifyの主な機能

✔︎ テストシナリオのノーコード作成
✔︎ メールテスト機能
✔︎ AutifyのメンテナンスAI機能 (アップデートによる仕様変更をAutifyのメンテナンスAIが検出、テストシナリオを自動修復するオートヒーリング機能も兼ね備えています。)

詳細はこちらよりご参照いただけます。
https://autify.com/ja/stories/moneyforwardkessai

マネーフォワードケッサイ株式会社 CTO 篠原 祐貴氏よりコメントをいただいています

1日数十回のリリースに対して、デグレを避けるためのテストを毎回実施できるかといえば、当然できません。E2Eテストの自動化は、品質保証のために必要です。信頼できるシステムが自動でテストを実行してくれるので、以前より開発に集中できるようになりました。開発がより楽しくなり、より多くの価値を生み出していける好循環が生まれる。テスト自動化はそのための投資だと思っています。

僕たちは誰でも品質を担保できるチーム作りをしたいと考えています。テストコードを書かなければならない場合、エンジニアに依頼しないと解決しない課題になってしまう。ノーコードでテストが構築できるAutifyは、「誰もがテストが書ける世界を実現したい」というビジョンを持っていると聞きました。実現に向かうよう僕たちも後押しし、そういう世界を一緒に見てみたいと思っています。

ソフトウェアテスト 自動化プラットフォーム「Autify」について

「Autify」は誰にでも簡単に、プログラムコードを書くことなく、ウェブアプリケーションの検証作業を自動化することができます。従来のソフトウェアテストの自動化を阻んでいた、人手不足・メンテナンスコストの高さ・技術的難易度に対し、ノーコード・AI・カスタマーサクセスの3つのアプローチで解決し、これらの業務でかかっていたコストを削減します。

会社概要

会社名:オーティファイ株式会社 (日本支社)
所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
代表者名:近澤 良
設 立: 2017年2月3日
事業内容:ソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」の開発・販売
ウェブサイト: https://autify.com/ja

本件に関するお問い合わせ先

広報窓口
Email:press@autify.com

Autifyのデモをご希望ですか。
こちらのフォームよりご連絡ください。

デモを申し込む
company illustration