ニューストップに戻る

news

アプリ開発が加速する。テスト自動化プラットフォーム「Autify for Mobile」をグローバルローンチ

Autify for Mobileグローバルローンチ

AIを用いたソフトウェアテスト 自動化プラットフォーム「Autify」を提供するオーティファイ株式会社(代表取締役 : 近澤 良、以下「Autify」)は、「Autify for Mobile」の提供を開始します。

Autifyにモバイルアプリ対応して欲しいというご要望を、大変多くいただき、2021年4月よりβ版の提供と事前申し込みを行ってまいりました。この度、iOSアプリケーション向けの自動テストプロダクトを正式にリリースしたことをお知らせします。

(「Autify for Mobile」のお申し込みはこちら:https://autify.com/ja/mobile

この度Autifyは、シリーズAラウンドで1000万米ドル(約11億円)の資金調達を実施。「Autify for Mobile」をますます進化させ、世界中のモバイルアプリケーション開発における課題解決を目指します。

(総額11億円のシリーズA資金調達を実施。グローバルの成長加速へ:https://autify.com/ja/news/series-a

Autifyは、開発したソフトウェアが期待通りに動くかどうかの検証作業を、ブラウザ上で自動で行えるWebアプリケーション。プログラムコードを書く必要がないため、誰でも簡単に自動化のための設定ができ、自動で実行できるのが特徴です。

ECサイトやBtoB SaaS、コンテンツの配信プラットフォームなど、さまざまなアプリケーションを提供する企業に導入していただき、提供から2年弱で累計100万回を超えるテストがAutifyを経由して実行されています。

導入企業の担当者からは、従来、手動で行ってきたE2Eテストを自動化したことで「40時間以上の時間短縮」や「年間600万円以上のコストの削減」、「品質の向上」を実現したという声が多数寄せられています。また、検証作業にかかるコスト(時間、人件費)を削減したことで、「新たな価値の創出に注力できるようになった」という嬉しいご報告もいただいています。

モバイルアプリのテスト端末は不要。エンジニアリソース・負荷の軽減へ

多くの企業でリモートワークがスタンダートになるなか、開発者や品質保証の担当者から「検証端末をいくつも用意するのが困難」「メンバー間で端末を郵送し合うなど手間がかかる」「端末の管理コストが高い」といったお悩みが多く聞かれるようになってきました。

2021年1月に「Autify for Mobile β版」をアナウンスしたところ、多くの方からリクエストをいただきました。お問い合わせいただいた70%以上の方が少なくとも2週間に一度のリリースをしている中で、下記のような課題があることが顕著になりました。

  • 70%以上が「テストに対するエンジニアリソース・負荷が高い」と回答
  • 61%以上が「テストに時間がかかってリリースが遅れる」と回答
  • 50%以上が「不具合が多い」と回答

このような課題を解決するために、ワンプラットフォームで実現可能な環境を提供します。

「Autify for Mobile」では、検証のための端末を用意する必要はなく、パソコン(Windows/Mac)のブラウザ上で、モバイル環境における動作検証が行えます。もちろんテストシナリオもノーコードで簡単に作成。時間指定も可能な自動テストを実行できます。 ​ (「Autify for Mobile」のお申し込みはこちら:https://autify.com/ja/mobile

「Autify for Mobile」の特徴

ノーコードで自動化できる

従来、テスト自動化のためにはプログラミングの知識や自動化のスキルが必要でした。Autifyは誰にでも簡単にテストシナリオを作成・実行ができるWebアプリケーションです。

QA(Quality Assurance)担当者は、テスト自動化の設定やメンテナンスを行えることでより高い品質を保つことができます。またエンジニアは開発に集中できるため、リリースサイクルの高速化も期待できます。

テストシナリオの一部をグループにしてテンプレート化することで、複数のテストケースで活用できるほか、別のネイティブアプリ(プロダクト)のテストにも流用できます。複数のプロダクトを展開している企業から「他部署の開発チームでも活用できて助かった」という声も寄せられています。

いつでも高品質な自動テストを、いつでも好きなだけ実行できる

ブラウザ上でアプリを操作し、記録した内容を保存すればテストシナリオは完成。『毎日23時に実行』のように任意のタイミングを設定すれば、定期的なテストが自動で実行されます。あとは、結果を確認するだけ。属人化をなくし、人によってばらつきの出やすいE2Eテストそのものの品質も担保します。

Machine Learningを用いたリグレッションテスト

リグレッションテストのためのMachine Learningを用いた機能を提供しています。ネイティブアプリは、新機能の追加やUIの変更だけでなく見た目の変更も多く発生します。その際にテストのシナリオも修正するのが一般的ですが、まさにここがエンジニアリソース・負荷を高めている大きな原因の1つです。

Autifyなら変化を自動的に検出し、シナリオを書き直したり、壊れたテストスクリプトを直す作業の負荷を大幅に軽減されます。

なお、本日よりiOSアプリケーション向け機能の提供を開始し、Androidアプリケーションは2022年中の提供を予定しています。

「Autify for Mobile」はすでに多くの方のテスト自動化を実現しています。

株式会社Kyash、小西 裕介氏

Kyashでは2020年にQAチームを立ち上げ、手動テストをリリースごとに実施してきました。概ねうまく進んでいたものの、リリースを重ねるにつれてリグレッションテストに時間がかかるようになりました。そこで、人を増やす方法以外のQAのスケール体制を目指し、Autify for Mobileを導入を決めました。いま本稼働にむけて準備している段階ですが、開発経験のないメンバーでも運用可能な自動テストの体制をAutifyと共に作っていきたいと考えています。

「Autify」は、250,000時間 (28.5年) 分の手作業の削減に成功しています

技術の力で世界中の人々の創造性を高める

Autifyは、2019年10月にサービスをローンチしてからこれまで、多くのWebサービス、アプリケーションの自動テストを実現してきました。この2年弱の実績として、100万件以上の自動テストを実行しています。Autifyの独自調査をもとに、もし1人が手動でテストを行った場合のテスト1件に費やす時間を15分と想定すると、削減できた時間は10,000日以上。そのぶん、人間の活動時間を生み出したことになります。

この実績は、Autifyがビジョンに掲げる「技術の力で世界中の人々の創造性を高める」ための時間を創出することができること、また、プラットフォームそのものの信頼性の高さを証明します。

(導入事例はこちら: https://autify.com/ja/why-autify

近年市場の変化が素早くなるなかで、ソフトウェアリリースサイクルの高速化と品質の両立が事業成長の鍵となります。しかしながら、テストを自動化しなければ、リリースを素早くすることはできません。アプリケーションのリリースサイクルは、企業の強みに直結しています。このリリースサイクルの高速化を阻む品質管理との両立を解決します。

(※出典:Global Consumer Spending in Mobile Apps Reached a Record $111 Billion in 2020, Up 30% from 2019:https://sensortower.com/blog/app-revenue-and-downloads-2020

Autify for Mobile リリース記念ウェビナーのお知らせ

正式版リリースに伴い、Autify代表の近澤によるAutify for Mobileウェビナーを開催致します。プロダクトのデモのほか、今後のプロダクトビジョン等をお話致します。下記のURLよりエントリーください。

Autify for Mobileウェビナー

開催⽇時:10⽉13⽇(⽔)11:00 〜12:00
詳細・お申込みURL:https://autify.com/ja/webinars/webinar-autify-for-mobile

代表取締役 近澤良 プロフィール

ソフトウェアエンジニアとして日本、シンガポール、サンフランシスコにて10年以上ソフトウェア開発に従事。DeNAにて全米No.1となったソーシャルゲームの開発を行ったのち、シンガポールのVikiにて、プロダクトエンジニアとして製品開発をリード。その後サンフランシスコへ移住し、現地スタートアップに初期メンバーとして参画。2016年にAutify, Incを創業。 自らのブログ、Podcastで情報を発信・公開しています。

会社概要

会社名:オーティファイ株式会社 (日本支社)
所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
代表者名:近澤 良
設 立: 2017年2月3日
事業内容:ソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」の開発・販売
ウェブサイト: https://autify.com/ja

本件に関するお問い合わせ先

広報窓口
担当:永淵、丸山
Email:press@autify.com

Autifyのデモをご希望ですか。
こちらのフォームよりご連絡ください。

デモを申し込む
company illustration